本日は、Christopher Crossの名盤「南から来た男」(1979年)をレビューしますね。

・・・大ヒット曲「Sailing」には想い出があります(^◇^)

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン

ChristopherCross「南から来た男」(Sailing)

では、レコードを聴いた感想などを書いてゆきます(*^^*)

サウンド効果

ギターギャル

さわやかな午前の空気

「セイリング」を始め、全米ヒット続々の名盤!

ジャケットの裏面を見てみてびっくり。

なんでこんな豪華なミュージシャンがバックアップしてるの?

  • イーグルスのドン・ヘンリー
  • ドゥービー・ブラザーズのマイケル・マクドナルド
  • J.D.サウザー
  • エアプレイのジェイ・グレイドン
  • ラリー・カールトン

・・・そして、プロデューサーはマイケル・オマーティアン!

(この人は、ドナ・サマーやホイットニーなどもプロデュースしてますね。)

なんか、「知る人ぞ知る」凄そうな人の名前が並んでいたのでした。

ディスコ・キッズ

クリストファー・クロスって、そんな大物だったの!?

ヒットが続出!

その結果、このアルバムからは、

  • 「Sailing(セイリング)」(全米No.1)
  • 「Ride Like the Wind(風立ちぬ)」(全米2位)
  • 「Never Be the Same(もう二度と)」(全米15位)
  • 「Say You’ll Be Mine(セイ・ユール・ビー・マイン)」(全米20位)

と・・・次々とヒットが生み出されたのでした。

シスター

Christopher Cross「Sailing 」ライブ。

ステキなAORね。

想い出多い広島のディスコ「フラミンゴ」!

ボクが当時住んでいた広島県福山市・・・

そのアーケード街にあるディスコ「フラミンゴ」には、「Sailing」のジャケットが飾ってあり、きれいにスポットライトを当てられていました。

なんでこのアルバムなのか・・・?

ず~っと不思議だったんですが、今、ふいに謎が解けました。

ジャケットが「フラミンゴ」だ!

ディスコ・キッズ

ディスコ「フラミンゴ」のオーナーは、

クリストファー・クロスが好きだったんだな。。。

当時、「ラジカセ」持参でディスコに通ってました・・・

残念ながら、ディスコ「フラミンゴ」は今はもうないんです。

田舎にディスコがあっても流行らないんでしょうね。

でも当時は【イキな人達】が集まっていました。

高校生だった僕は、入場料の1500円を持って、週末になると家をぬけだし、ここに通いつめたものデス。

しかもラジカセを持って!

で、DJブースの前に陣取り、ラジカセをドンと置いて

「録音させてください!」ってDJに頼んでたんです・・・。

今思えば、ずいぶん迷惑なことをしていたもんですが、そのカセットテープは今もボクの宝なんです。

「Christopher Cross」!休日を満喫するのにピッタリの名盤!

AORといえば、クリストファー・クロスです。

心が洗われます。

このアルバムは、

  • なんか「ほっ」とするような
  • 休日の午前を満喫しているような

・・・しっとりとした落ち着いた気分にさせてくれます。

全編通して、そんなイイ気分にさせてくれるアルバムですよ。

やっぱ「Sailing(セイリング)」でしょ!

そして、なんと言っても「Sailing(セイリング)」!

大好きな恋人と一緒に、船旅をするような・・・

そんな至福な気分にさせてくれます。

やっぱり名曲ですね(≧◇≦)

まとめ

・・・と言うわけで、

グラミー賞5部門制覇のChristopherCross「南から来た男」!

ボクにとって、とっても想い出深いアルバムです!

もちろん、名盤です!

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン
スポンサーリンク