本日は、80年代のディスコで大ヒットした「Funtime」を収録した・・・

Peaches&Herbの「Worth the wait」(1980年)をレビューしますね。

PEACHES & HERB「Worth the wait」

では、レコードを聴いた感想などを書いてゆきます(*^^*)

サウンド効果

アダルト・ギャル

エキゾチックに踊り、スローでは暖かい気持ちになれる。

Peaches & Herbって、どう読むの?

ピーチス&ハーブ?

ピーチズ&ハープ?

発音が紛らわしいったらありゃしない・・・

ディスコ・キッズ

正確には、ピーチズ&ハーブらしいです。

このレコードのジャケが気になる(*´Д`)=3

ところで、このLP「Worth the wait(ワース・ザ・ウエイト)」・・・

「待つに値する女」って意味かな?

「あのぉ~、マニュキア乾かしてるところゴメン。もうそろそろ、パーティーの時間なんだけど・・・」

なんて、このジャケットの男性は言ってるんでしょうか (〃´o`)=3

「このジャケ、どういうシーンを表してるんだろ?」って、高校生の頃からずっと気になってたんですヨ。

ディスコ・キッズ

なんと言っても、

この女性(ピーチズ)・・・むちゃくちゃキレイだからネ。

80年代ディスコで大ヒット!「Funtime 」!

それにしても、ディスコでは「Funtime (ファンタイム)」が大ヒットしましたね!

この曲がかかると、ダンスフロアーが妙に「エキゾチックな盛り上がり」を見せるんです。

・・・なんと言うか、“中東”の雰囲気が0.5パーセントほど入ったような、いい感じになってくるんですよ~。

Peachesの声がとてもエキゾチッ~ク!

これもやはり、ピーチズの声のせいなんでしょう。

独特の「異空間」を持った声です。

で、Peaches & Herbって・・・2人の声のバランスがとってもイイんですよね

シスター

ピーチズ&ハーブ「ファンタイム」

なんだかエキゾチックよ!

「Worth the wait」!エキゾチックな気分で踊れます!

ピーチズ&ハーブの「Worth the wait」!

アルバムを通して

  • エキゾチックな気分で踊れ
  • スローでは暖かい気持ちになれる

・・・という、とっても嬉しいアルバムです。

ディスコ・キッズ

「the love stealers」もカッコイイですよ!


シスター

踊れるメロウファンクね!

ピーチズは「三代目」

ちなみに、この当時のピーチズはすでに三代目。

※入れ替わりの3人目だそうです・・・

本名はリンダ・グリーン(Linda Greene)さん・・・美人です。

 「Reunited」(邦題:恋の仲直り)も良かったなあ~(≧◇≦)

Reunited(邦題:恋の仲直り)」(79年)も名曲だったですね。

うっとりするようなスローでした。。。

「Reunited」・・・

なんとほのぼのとした恋の歌。。。

また、映像で見るピーチズが可愛らしいこと。男と女はいつまでもこうありたいもんですね。

まとめ

・・・というわけで

Peaches&Herb「Worth the wait」・・・なかなかの名盤です。

ディスコが好きな方は、なにはともあれ「Funtime」だけでもチェックしておきましょう!

スポンサーリンク