本日は、80年代のディスコで大ヒットした「Funtime」を収録した、ピーチズ&ハーブの「ワース・ザ・ウエイト」をレビューしますね。

 

PEACHES & HERB「Worth the wait」1980年 

PEACHES & HERB「Worth the wait」

サウンド効果

アダルト・ギャル

エキゾチックに踊り、スローでは暖かい気持ちになれる。

Peaches & Herbって、ピーチズ&ハーブって読むの??

ピーチス&ハーブ?ピーチズ&ハープ?発音が紛らわしいったらありゃしない・・・正確には、ピーチズ&ハーブらしいです。

ところで「Worth the wait(ワース・ザ・ウエイト)」って“待つに値する女”って意味なんでしょうかね・・・?

「あのぉ~マニュキア乾かしてるところゴメン。もうそろそろ、パーティーの時間なんだけど・・・」なんて、このジャケットの男性は言ってるんでしょうか (〃´o`)=3

このジャケット・・・どういうシーンを表してるんだろう?って、高校生の頃からずっと気になっていたんですヨ。なんと言っても、この女性・・・ピーチズってむちゃくちゃキレイだからネ。

80sディスコで大ヒット!「Funtime 」!

それにしても「Funtime (ファンタイム)」大ヒットしましたね!

この曲がかかると、ダンスフロアーが妙にエキゾチックな盛り上がりを見せるんです。・・・なんと言うか、“中東”の雰囲気が0.5パーセントほど入ったような、いい感じになってくるんですよ~。

これもやはりピーチズの声の特性でしょうか。独特の異空間を持っているというかネ…なかなかすごいと思いますヨ。

その上、Peaches & Herbって・・・2人の声のバランスがとってもイイんです!

ピーチズ&ハーブ「ファンタイム」

ピーチズ&ハーブ「Worth the wait」!エキゾチックな気分で踊れます!

このピーチズ&ハーブの「Worth the wait」!アルバムを通してエキゾチックな気分で踊れ、スローでは暖かい気持ちになれるという、とっても嬉しいアルバムです。

ディスコダンスが好きな方は、なにはともあれ「Funtime(ファンタイム)」だけでもチェックしておきましょう!

ちなみにピーチズはすでに三代目(入れ替わりの3人目だそうです)。本名はリンダ・グリーン(Linda Greene)さん・・・美人です。

 「Reunited」(邦題:恋の仲直り)も良かったなあ~(≧◇≦)

Reunited(邦題:恋の仲直り)」(79年)も名曲だったですね。うっとりするようなスローでした。。。

2 Hot

「Reunited」(邦題:恋の仲直り)・・・なんとほのぼのとした恋の歌。。。また、映像で見るピーチズがなんとも可愛らしいこと。男と女はいつまでもこうありたいもんですね。