本日はSkyyの「Skyy Line」(1981年)をレビューします。

このレコードには、メロウな名曲「Let’s Celebrate」が収録されてます。

ダンクラの人気盤ですよ。

Skyy「Skyy Line」

では、80年代にディスコでヒットした、アルバム「Skyy Line」について書いてゆきますね。

サウンド効果

ファンキーギャル

ビートが重くてノリがいい

80sダンクラ好きなら「Skyy Line」に注目

スカイは、1979年のアルバム「Skyy」も有名です。

これ…恐ろしくファンキーなんです(〃´o`)=3

created by Rinker
Unidisc Records

でも、もう少し洗練されたダンクラ好きなボクにとっては、

今回のアルバム「Skyy Line」が好き。

「Call Me」と「Let’s Celebrate」は、しょっちゅうディスコ「QUEUE」でかかってました。

だからスカイのアルバムを選ぶとなると、どうしても、「Skyy Line」になっちゃうんですよね。

ディスコ・キッズ

「Call Me」!いかにも時代を感じさせるFUNK!

プロデューサーはランディー・ミュラー!

このアルバム、ほんと黒いです。

また、「フッ!」だの「ハッ!」だの「ジャーッム!」などと…

謎のリフレインが多いです。

シンセの使い方も、とてもファンキーで、80sフリークのツボを刺激しますよ。

プロデューサーは、あの「ブラス・コンストラクション」のランディー・ミュラー…

もうクドイくらい「真っ黒」です(>_<)

【黒い】だけじゃなく、爽やかさもあります!

でも、この「Skyy Line」…

ちょっとした息抜きもあって、聴いてて疲れないアルバムなんですよ。

たとえば、「Let’s Celebrate」などは、ノリがいい上、さわやかさがあるし、また、「When You Touch Me」なんかも、しっとりと聞かせてくれて名スローなんです。

ディスコ・キッズ

こちらは、「Let’s Celebrate」。

おしゃれなクラブなんかで、プレイされてますよね?




「Skyy Line」各曲!

では、「Skyy Line」の中から、印象に残った曲をピックアップします。

Let’s Celebrate

これ、ダンス・クラシックスの定番らしいです。

何とも気持ちの良いリズムギター!

これから何か楽しいことが起こりそう…

そんなユル~いグルーブを感じられます。

ビートが重いのにさわやかですよ(#^^#)

ディスコ・キッズ

Celebrateの意味は「祝福する」。

「祝福しようぜ!」じゃ、ちょっとおかしいから、

「遊ぼうぜ」とか「楽しくやろうぜ」なんて意味じゃないのかな?

Call Me

アメリカでR&Bチャート1位。

「Call Me」は、六本木ディスコ「QUEUE」でもしょっちゅうかかってました。

重いビートでノレちゃうんですよね。

DJのTさんが何かとかけてたんで「好きだったんだろうな~」って思う。

Jam The Box

これも時々ディスコでかかっていた。

重くて熱いダンスナンバー。

When You Touch Me

とてもしっとりするスロー。

女性ボーカルがなんともキレイ。

いい感じですよ。

Get Into The Beat

実はこれが一番カッコイイ!

ありえないくらい重いベースに思わず腰がうずきます。

ちょっと「シック」に似た感じでベースがビンビン!

グッドなナンバー。

「Skyy Line」!ファンク好きにはオススメ!

いや~あ、これくらい踊らせてくれると、満足だなあ~。

  • 黒くて重いのが好きな人
  • ファンクが好きな人
  • 「フッ!」だの「ジャーッム!」だの盛り上がるのが好きな人

…は、このファンキーなアルバム「Skyy Line」をオススメします。