本日はSkyyの「Skyy Line」(1981年)をレビューします。

このレコードには、メロウな名曲「Let’s Celebrate」が収録されてます。

ダンクラの人気盤ですよ。

Skyy「Skyy Line」

では、80年代のディスコでヒットした、アルバム「Skyy Line」について書いてゆきますね。

こんな人にオススメ

Skyy「Skyy Line」はこんな人にオススメです。

  • ビートの重いファンクが好き
  • 80年代のヒットアルバムが欲しい
  • 昔のディスコの雰囲気を体験したい

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

ファンキーギャル

ビートが重くてノリがいい

80sダンクラ好きなら「Skyy Line」に注目

スカイは、1979年のアルバム「Skyy」も有名です。

これ…恐ろしくファンキーなんです(〃´o`)=3

でも、もう少し洗練されたダンクラ好きなボクにとっては、今回のアルバム「Skyy Line」が好き。

「Call Me」と「Let’s Celebrate」は、しょっちゅうディスコQueueでかかってました。

だからスカイのアルバムを選ぶとなると、どうしても「Skyy Line」になっちゃうんですよね。

ディスコ・キッズ

「Call Me」!いかにも時代を感じさせるFUNK!

プロデューサーはランディー・ミュラー!

このアルバム、ほんと黒いです。

また「フッ!」だの「ハッ!」だの「ジャーッム!」などと…

謎のリフレインが多いです。

シンセの使い方も、とてもファンキーで、80sフリークのツボを刺激しますよ。

プロデューサーは、あの「ブラス・コンストラクション」のランディー・ミュラーです。

ディスコ・キッズ

もうクドイくらい真っ黒です(>_<)

名曲「Let’s Celebrate」!爽やかさもあります!

でも、この「Skyy Line」…

ちょっとした息抜きもあって、聴いてて疲れないアルバムなんですよ。

たとえば、「Let’s Celebrate」などは、ノリがいい上、さわやかさがあります。

また、「When You Touch Me」なんかも、しっとりと聞かせてくれて名スローなんです。

ディスコ・キッズ

こちらは「Let’s Celebrate」。

おしゃれなクラブなんかで、よくプレイされてますよね?




「Skyy Line」各曲!

では「Skyy Line」の中から、印象に残った曲をピックアップします。

Let’s Celebrate

これ、ダンス・クラシックスの定番らしいです。

何とも気持ちの良いリズムギター!

「これから何か楽しいことが起こりそう」…そんなユル~いグルーブを感じられます。

ビートが重いのにさわやかですよ(#^^#)

ディスコ・キッズ

Celebrateの意味は「祝福する」。

祝福しようぜ!じゃ、ちょっとおかしいから、

「遊ぼうぜ」とか「楽しくやろうぜ」なんて意味じゃないのかな?

Call Me

アメリカでR&Bチャート1位。

「Call Me」は、六本木ディスコ「QUEUE」でもしょっちゅうかかってました。

重いビートでノレちゃうんですよね。

DJのTさんが何かとかけてました。

「好きだったんだろうな~」って思います。

Jam The Box

これも時々ディスコでかかっていた。

重くて熱いダンスナンバー。

When You Touch Me

とてもしっとりするスロー。

女性ボーカルがなんともキレイ。

いい感じですよ。

Get Into The Beat

実はこれが一番カッコイイ!

ありえないくらい重いベースに思わず腰がうずきます。

ちょっと「シック」に似た感じでベースがビンビン!

グッドなナンバー。

音楽配信サービス

「Skyy Line」は、中古レコードやCDでも販売されています。

また、以下の音楽アプリでも配信されていますよ。

音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 配信あり
Spotify 配信あり
Apple Music 配信あり
ディスコ・キッズ

ストリーミングサービスが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

シスター

アルバムの試聴はこちら!

(Amazonにログインで試聴できます)

Skyy Line

「Skyy Line」!ファンク好きにはオススメ!

いやあ~、これくらい踊らせてくれると満足です。

  • 黒くて重いのが好きな人
  • ファンクが好きな人
  • 「フッ!」だの「ジャーッム!」だの盛り上がるのが好きな人

…は、とてもファンキーなアルバム「Skyy Line」を要チェックです。