本日は、ボビー・グローヴァーの「Bad Bobby Glover」(1984年)をレビューします。

Bobby Gloverって、オハイオのファンクバンド…

あの「ZAPP」のヴォーカリストだったんですよね。

Bobby Glover「Bad Bobby Glover」

では、レコードを聴いた感想などを書いてゆきます(*^^*)

サウンド効果

アダルト・ギャル

意外にさわやか

…真っ黒か?と思いきや、ケッコウ爽やかです♪

プロデュースは「ZAPP」のRoger!

元ZAPPのメンバー「ボビー・グローバー」のソロ・アルバム。

まずまず、レア盤のようです。

ボクは、東急ハンズ(渋谷)のアナログ・レコード・フェアで安く購入できました♪

プロデュースは「ZAPP」のRoger(ロジャー)

…と言うわけで、\エレクトリック・ファンク/してます (///ω///)♪

重いファンク!「So mean」!

特に「so mean」は、いかにも80年代のZAPPを彷彿とさせるナンバー!

重いエレクトリックベースにユーモラスなシンセ!

この上なくダンサブルな仕上がりになってますヨ(///ω///)♪

ディスコ・キッズ

いかにもZAPPっぽいです(;^ω^)

良質なファンクが勢ぞろい!

ほかにも…

A-1「What Kind Of Lady」

のっけから「アォ~」なんてシャウトして、リズムギターもノリノリ。

A-2「Your Spell」

重くてダンサブル。

で、ちょっぴりメロウなグッド・ファンク

ディスコ・キッズ

「良質なファンク」が揃ってます。

ザップやロジャーが好きな人には、嬉しい内容(///ω///)♪

全体として、爽やか~な印象

U.S.ブラック・ディスク・ガイドなどにも掲載され、意外に「高額」な値段がつけられていた、この「Bad Bobby Glover」…。

「ZAPP」のロジャーがプロデュースしているとのことで、「激重ファンク」ばかりかと思ってました。

でも、ミディアム・スローなナンバーも多く、全体として、爽やか~な印象があります。

なかなか「聴かせるアルバム」に仕上がっていますね♪

オハイオ系でも、爽やかなFUNKです!

ところで…オハイオ系のファンクって、何か「やるせない」感じのものが多くありませんか?

DAYTONなんかを聴くと、ボクはミョ~に虚しい気持ちになってしまうんですヨ。

でも、この「Bad Bobby Glover」…爽やかでイイです。

「Bad Bobby Glover」!一家に一枚どうぞ!

ダンスするなら最初の3曲!ZAPP系の良質なファンクが楽しめます。

他の曲は「ミディアム」中心の爽やかなナンバー。

ゆったりした気持ちになって、なかなかグッド(^◇^)!

のんびりと、日なたぼっこしながら聴きたくなるようなアルバムですヨ。

一家に一枚常備して、休日なんかに聴くと良いんじゃないでしょうか?

ジャケットは、なんで、ボクサーの格好なの?

でも、このレコード・ジャケット…なんでボクサーの格好をしてるのかな?

特に意味はなさそうだなぁ~。

ディスコ・キッズ

まあ、ギャルがキレイだからいいんですけど(;^ω^)